<スポンサードリンク>

2011年03月20日

高齢出産とダウン症について

高齢出産とダウン症についてまとめてみました。

 高齢出産のリスクとして多数取り上げられている中に、ダウン症の子供が産まれる割合が高まってしまうという事があります。
妊娠中はむくみなどの中毒症にならないことがとても重要になりますが、若い世代に比べて高齢の人は1.8倍という結果が出ています。自然分娩ではなく帝王切開になる割合も高くなり、高齢出産という理由だけで医師もこの方法を進める場合が多くなっています。

 高齢出産は、ダウン症の子供が産まれる可能性が高くなるというリスクがあります。しかし、現在は出産前に検査を行ってダウン症である可能性を事前に調べることができます。ダウン症も35歳を過ぎてからの妊娠では割合が高くなってしまい、羊水検査などで確認すると言った人もいます。いろいろな割合が高くなってしまう高齢出産ですが、夫婦でよく話し合い、体調管理を万全に行うことで、安心できるお産をする事が可能となっています。

・・・・





<スポンサードリンク>

同じカテゴリー(高齢出産)の記事
 高齢出産のリスクに関して (2011-03-20 04:31)
 高齢出産によるダウン症の確率 (2011-03-20 04:26)

Posted by rossogenroq at 04:32 │高齢出産