<スポンサードリンク>

2011年03月20日

高齢出産のリスクに関して

 ダウン症とは常染色体のうちの21番染色体が1本多いことから発生する事になりますが、遺伝的な要素ではなく偶発的に起こることが殆どとされています。このように高齢出産のリスクに関しては流産やダウン症、妊娠中毒症など若い人の妊娠中にも起こりうる事になりますが、高齢出産の場合はその確率が上がってしまうと言うことになります。
ただしそれは、20代の妊娠や出産だからといってその確率がゼロという訳ではなく、誰もが成りうる事になっていますので、
あまり深刻に悩まずに大きな心で構えていた方が良いでしょう。

これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。

 確かに20歳未満では2000人中1人程と低い割合になっていますが、35歳の高齢出産の場合400人に1人、45歳以上だと30人に1人というように、年齢が上がる毎にどんどん高くなっていきます。

 倫理上の問題から賛否両論ですが、35歳以上の高齢出産の人や遺伝性の保因者などは医師から出産前の検査を進められる事があります。超音波での検査や血清マーカー検査、羊水検査や絨毛検査などが一般的になっていて、いずれも赤ちゃんに異常があるかどうかを検査する事になります。

・・・・





<スポンサードリンク>

同じカテゴリー(高齢出産)の記事
 高齢出産とダウン症について (2011-03-20 04:32)
 高齢出産によるダウン症の確率 (2011-03-20 04:26)

Posted by rossogenroq at 04:31 │高齢出産