<スポンサードリンク>

2011年03月20日

高齢出産とダウン症について

高齢出産とダウン症についてまとめてみました。

 高齢出産のリスクとして多数取り上げられている中に、ダウン症の子供が産まれる割合が高まってしまうという事があります。
妊娠中はむくみなどの中毒症にならないことがとても重要になりますが、若い世代に比べて高齢の人は1.8倍という結果が出ています。自然分娩ではなく帝王切開になる割合も高くなり、高齢出産という理由だけで医師もこの方法を進める場合が多くなっています。

 高齢出産は、ダウン症の子供が産まれる可能性が高くなるというリスクがあります。しかし、現在は出産前に検査を行ってダウン症である可能性を事前に調べることができます。ダウン症も35歳を過ぎてからの妊娠では割合が高くなってしまい、羊水検査などで確認すると言った人もいます。いろいろな割合が高くなってしまう高齢出産ですが、夫婦でよく話し合い、体調管理を万全に行うことで、安心できるお産をする事が可能となっています。

・・・・  


Posted by rossogenroq at 04:32高齢出産

2011年03月20日

高齢出産のリスクに関して

 ダウン症とは常染色体のうちの21番染色体が1本多いことから発生する事になりますが、遺伝的な要素ではなく偶発的に起こることが殆どとされています。このように高齢出産のリスクに関しては流産やダウン症、妊娠中毒症など若い人の妊娠中にも起こりうる事になりますが、高齢出産の場合はその確率が上がってしまうと言うことになります。
ただしそれは、20代の妊娠や出産だからといってその確率がゼロという訳ではなく、誰もが成りうる事になっていますので、
あまり深刻に悩まずに大きな心で構えていた方が良いでしょう。

これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。

 確かに20歳未満では2000人中1人程と低い割合になっていますが、35歳の高齢出産の場合400人に1人、45歳以上だと30人に1人というように、年齢が上がる毎にどんどん高くなっていきます。

 倫理上の問題から賛否両論ですが、35歳以上の高齢出産の人や遺伝性の保因者などは医師から出産前の検査を進められる事があります。超音波での検査や血清マーカー検査、羊水検査や絨毛検査などが一般的になっていて、いずれも赤ちゃんに異常があるかどうかを検査する事になります。

・・・・  


Posted by rossogenroq at 04:31高齢出産

2011年03月20日

高齢出産によるダウン症の確率

 これまで述べてきたように高齢出産という言葉が使われると、35歳以上での妊娠や出産を考えている人は様々な事が心配になってきます。高齢出産にはいろいろなリスクが伴いますが、20代から30代前半で出産するのとではどの位の割合が違うのかを知っておくのも大切なこととなっています。

 検査結果によっては中絶という事を選ぶ夫婦もいることから、出産前に検査を行うことが問題視されて、いろいろな議論が行われているのも事実です。高齢出産によってダウン症の確率が高くなってしまう理由として、年齢を重ねた事による卵子のダメージが原因として言われています。

 高齢出産の人が羊水検査などを行い、結果としてダウン症などの報告があった場合、どうするかが問題となります。
ダウン症の症状としては心疾患などの合併症を引き起こす可能性や、特有の顔つき、運動能力や知能の発育が遅れるなどの症状が出てきます。少し前まではダウン症の子は短命の事が多かったのですが、医療の進歩によって現在は寿命が確実に延びています。受けて結果が出たときにどうするかなどを、夫婦でよく話し合い考えておくことがとても重要になってきます。

・・・・  


Posted by rossogenroq at 04:26高齢出産